ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 乳幼児(生後6か月~4歳)の新型コロナワクチン接種について

本文

乳幼児(生後6か月~4歳)の新型コロナワクチン接種について

ページID:0010098 更新日:2024年1月29日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチンの特例臨時接種期間(無料で接種を受けられる期間)は令和6年3月31日までです。
令和6年4月以降は、任意接種として全額自己負担となる予定です。

追加接種について

1.対象者

初回接種(1・2・3回目)が完了し、前回の接種から3か月を経過した人

2.接種券

初回接種が完了した人に、接種券(白色)を送付します。

3.使用ワクチン

ファイザー追加接種説明書(オミクロン株XBB対応1価ワクチン生後6か月~4歳用) [PDFファイル/699KB]

初回(1・2・3回目)接種について

1.接種方法等

​1回目の接種時に生後6か月以上4歳以下のお子さんが対象となります。
小児科医が診察した上で、接種します。

乳幼児の新型コロナワクチンは、3回の接種で初回接種が完了します。(3回で1セット)

乳幼児コロナ(初回)

2.接種券

これから生後6か月を迎えられる人に、順次接種券を発送します。

3.使用ワクチン

ファイザー初回接種説明書(オミクロン株XBB対応1価ワクチン生後6か月~4歳用) [PDFファイル/708KB]

追加接種・初回接種の会場及び接種日程

○魚沼基幹病院
接種会場:魚沼基幹病院(南魚沼市浦佐4132)
接種日程等はホームページをご確認ください。
https://www.uonuma-kikan-hospital.jp/​<外部リンク>

○新潟県ワクチン接種加速化センター
接種会場:エールホームクリニック(下柳1-10-13)
接種日程等はホームページをご確認ください。
https://mbv.or.jp/ailehome/medical/vaccination/infant/<外部リンク>


※配分されるワクチンに限りがあるため、ご希望の日に予約ができない場合があります。

当日の持ち物

  1. 接種券つき予診票
  2. 本人確認書類(健康保険証、子ども医療費受給者証、マイナンバーカードなど)
  3. 母子健康手帳(予防接種の記録を記入します)
  4. お薬手帳(お持ちの人)

当日の注意事項

  1. 接種には保護者の同意と同伴が必要です。
  2. 予診票に保護者署名の記載がない場合は、ワクチンの接種は受けられません。
  3. 保護者は不織布マスクを着用してください。

次の事項に当てはまる方は、接種できませんのでご注意ください。

  • 当日、体調が悪い人、発熱(37.5℃以上)がある人
  • 同居家族に新型コロナ感染により自宅療養中の人がいる人
  • 新型コロナ感染疑いで検査を受け、結果が出ていない人
  • 1週間以内に発熱があった人

他のワクチンとの接種間隔

新型コロナワクチンは、他の予防接種との間隔を2週間あける必要があります。
生後6か月から4歳のお子さんは、定期接種の種類が多いため特にご注意ください。​

インフルエンザワクチンについては2週間の間隔をあけずに接種が可能ですが、インフルエンザ予防接種の予約をする際に必ずコロナワクチンの接種日についても医療機関にお知らせの上、接種日をご相談ください。

ワクチンを受ける際は、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について正しい知識を持っていただいた上で、ご判断ください。
また、周りの人に接種を強制したり、接種を受けていない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。

参考(各種リーフレット/関連サイト)

厚生労働省 生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ<外部リンク>
厚生労働省 乳幼児接種に関するQ&A<外部リンク>
新潟県医師会 5歳未満の子どもへのワクチンの説明リーフレット(保護者向け 2022 年 11 月)<外部リンク>
 5歳未満の子どもへのワクチンQ&A(医療機関および保護者向け 2022 年 11 月)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)