ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木造住宅耐震診断支援事業

ページID:0002322 更新日:2023年11月1日更新 印刷ページ表示

令和5年度の受付は終了しました。

地震に強いまちづくりを推進するため、木造住宅の耐震診断を受ける方に対し、耐震診断料の一部を補助する事業です。

  • 補助金を受けることができる方は、次のすべてを満たしている住宅及び所有者です。
    • 市内に所在する個人所有の住宅
    • 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
    • 主要構造部分(壁、柱、床、屋根等)が木造である住宅。
      ただし、枠組み壁工法(パネル工法等)、丸太組工法(ログハウス等)は対象外。
    • 1戸建て、2階以下である住宅。
      ただし、高床式は支援対象とするが高床部分は診断対象外。
    • 併用住宅では、過半以上が居住部分である住宅
    • 対象住宅の所有者(申請者)が市内居住者であり、かつ、市税等の滞納がない方。
  • この補助制度で行う耐震診断は、「魚沼市木造住宅耐震診断士」として登録された診断士が一般診断法にて行うものです。
  • 補助金の額は、耐震診断料70,000円(魚沼市内統一価格)のうち60,000円です。
    残りの10,000円は、自己負担となります。

-申し込みについて-

「魚沼市木造住宅耐震診断支援事業申込兼補助金交付申請書」1部と付随する添付書類を添えて提出してください。
※納税証明書については、指定の様式を使用してください。
※受理兼決定通知前の事前着手(契約含む)は、無効となりますのでご注意ください。

R5木造住宅耐震診断支援事業概要 [PDFファイル/67KB]

耐震診断支援事業申込兼補助金交付申請書[Wordファイル/18KB]

納税証明書(耐震診断支援事業用)[Excelファイル/30KB]

耐震診断支援事業実績報告書[Wordファイル/18KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)