ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務政策部 > 地域創生課 > 【新婚世帯の皆様へ】魚沼市が新婚生活のスタートを応援します!

本文

【新婚世帯の皆様へ】魚沼市が新婚生活のスタートを応援します!

ページID:0015167 更新日:2023年12月8日更新 印刷ページ表示

魚沼市結婚新生活支援補助金のご案内

魚沼市では、新婚生活を支援するため、国や県の補助金を活用し、新婚世帯の住居費や引越費用等に対して補助を実施します。

※制度の利用を検討される場合は、メールや電話等で事前にご相談ください。

対象者

​申請時点において以下の要件をすべて満たしている場合のみ、補助を受けることができます。

令和5年3月1日から令和6年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された新婚世帯であること。
​・夫婦ともに魚沼市に住民登録していること。
・補助金の交付を受けた日から2年以上継続して魚沼市内に住む意思があること。
・夫婦双方の婚姻日における年齢が39歳以下であること。
・令和4年1月1日から令和4年12月31日の夫婦の年間所得合計金額が500万円未満であること。
    ※ ただし、合計額が500万円以上の場合でも、夫婦に貸与型奨学金の返済者がいる場合は返済額を所得から控除することができます。
・夫婦ともに税を滞納していないこと。
・夫婦ともに暴力団員でない者又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有していないこと。
・対象経費について、他の公的な制度による支援を受けていないこと。 ただし、魚沼市が実施するものを除く。

補助金の額

婚姻日における年齢が夫婦ともに29歳以下のとき最大100万円
上記以外のとき:最大50万円

※魚沼市から他の補助金や勤務先から住宅手当、引越手当などが支給されている場合は、その額を補助対象経費から控除します。

対象経費

令和5年4月1日から令和6年3月31日までの間に支出した住居費(住宅の購入・新築・賃借・リフォームの支出した費用)と引越費用が対象です。具体的には下記のとおりです。

・住居費(賃借の場合)

婚姻に伴い賃借した住宅の賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料
※駐車場代、鍵交換代、クリーニング代、保険料などの費用は対象外です。

・住居費(購入・新築の場合)

婚姻に伴い取得した住宅の購入費、工事請負費
※婚姻日より前に取得した住宅にあっては、婚姻日から起算して最大1年以内に婚姻を機として取得した住宅であること。土地の購入費は対象外です。

・住居費(リフォームの場合)

婚姻に伴い、住宅の機能の維持、向上を図るために行う修繕、増築、改築、設備更新等の工事費用
※ 婚姻日より前にリフォームした住宅にあっては、婚姻日から起算して1年以内に婚姻を機として実施した当該住宅のリフォームであること。
※ 倉庫、車庫に係る工事費用、門、フェンス、植栽等の外構に係る工事費用、エアコン、洗濯機等の家電購入・ 設置に係る費用は対象外です。

・引越費用

婚姻に伴い取得または賃借した住宅や、夫または妻が居住していた住宅への引越費用のうち、引越業者または運送業者へ支払った作業費や運送費
※ レンタカーを借りて自身で引越しを行った場合の費用や不用品の処分費用、引っ越し業者が行う電気やガス等のサービス料、エアコン等のクリーニング費用は対象外です。

申請にあたって

ご利用の手引きQ&A対象経費確認シートを必ずご確認・記入いただき、必要書類をご準備ください。

申請書類はこのページからダウンロード可能ですが、婚姻届の受理証明書や住民票、所得・納税状況に関する証明書等、添付する必要がある書類の一部は市役所本庁舎等で発行していただく必要があります。

申請書類の準備ができたら、申請書類チェックリストをご確認のうえ、地域創生課まちづくり係までご提出ください。(郵送不可、申請者本人または配偶者の方が申請に来られることをおすすめします。)

※ 申請条件にあてはまるか、対象経費となるかなどは、事前に地域創生課へお問い合わせ、相談いただいた上で申請に来ていただけますとスムーズです。ご相談はメールや電話でも承ります。ご相談内容によっては回答までお時間をいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

魚沼市結婚新生活支援補助金交付要綱 [PDFファイル/96KB]

令和5年度 魚沼市結婚新生活支援補助金ご利用の手引き [PDFファイル/138KB]

魚沼市結婚新生活支援補助金Q&A [PDFファイル/181KB]

​申請期間

​令和5年7月10日~令和6年3月31日
※予算がなくなり次第、年度途中でも受付終了となる場合があります。

継続補助について

家賃などの経費を申請するにあたり、年度内に補助上限額に達しない場合(補助上限額に達するまでに年度をまたぐ場合)は、次年度に再度申請することで、上限額の残額分を継続して補助します。手続等の詳細は対象となる世帯に個別にお知らせします。

※翌年度の補助対象経費は令和6年4月1日以降に支出した経費となりますので、ご注意ください。

​申請様式のダウンロード

全員が提出する書類

様式第1号_交付申請書兼実績報告書 [Wordファイル/19KB]

様式第2号_同意書兼誓約書 [Wordファイル/11KB]

対象経費確認シート [Excelファイル/19KB]

申請書類チェックリスト [Wordファイル/15KB]

該当者のみが提出する書類

申請者と補助金の受取口座の名義人が異なる場合

委任状 [Wordファイル/14KB]

住宅を賃借した場合

様式第3号_住宅手当支給証明書 [Wordファイル/11KB]

地域少子化対策重点推進事業実施計画書の公表について

魚沼市の結婚新生活支援事業は、国の「地域少子化対策重点推進交付金」を活用して、少子化対策の一環として行っています。
魚沼市の地域少子化対策重点推進交付金実施計画書を下記のとおり公表します。

地域少子化対策重点推進交付金実施計画書(魚沼市) [PDFファイル/127KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)