ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 高齢者 > 高齢者向け福祉サービス一覧

本文

高齢者向け福祉サービス一覧

ページID:0002118 更新日:2023年5月30日更新 印刷ページ表示
高齢者向け福祉サービス一覧

事業名

内容

利用対象者

利用料・給付・助成内容

介護用品支給事業

紙おむつ等の介護用品購入費用を助成

在宅で紙おむつ等を必要としている次の人

  • 要介護3以上の人
  • 身体障害者手帳1・2級所持者
  • 要介護2以下で高齢者世帯に属する人

給付券を月6枚交付、ただし、市民税非課税世帯で要介護4以上の場合は月12枚交付
(1枚の給付額500円)

緊急通報体制等整備事業

一人暮らし高齢者の急病や災害等の緊急時に迅速に適切な対応を図るため、緊急通報装置を貸与

おおむね65歳以上の単身者、高齢者のみの世帯及びこれらに準ずる世帯に属する高齢者・障害者

利用料

  • 市民税課税世帯 月額500円
  • 市民税非課税世帯 無料

外出支援サービス事業

介護予防・生きがい活動支援事業への参加、医療機関等への送迎に使用できるタクシー券を交付

おおむね65歳以上の高齢者で次の要件をすべて満たす者。

  • 要支援2以上の者又は身体的理由により公的交通機関を利用することが困難な者
  • 市民税非課税世帯又は市民税均等割りのみ課税世帯に属する者
  • 1枚100円のタクシー券を交付
  • 守門・入広瀬地域:年間最大180枚(1ヶ月当たり15枚)
  • 上記以外の地域:年間最大120枚(1ヶ月当たり10枚)
  • 1回の乗車につき何枚でも利用可
  • 申請の月から支給

寝たきり老人等介護手当支給事業

寝たきり老人等、障害者を常時介護している人に介護手当を支給

要介護3以上の人、身体障害者手帳1・2・3級所持者、療育手帳Aの人を在宅で3カ月以上継続して常時介護している人
(特別障害者手当受給者には支給しない)

手当月額

  • 市民税課税世帯 5,000円
  • 市民税非課税世帯 7,000円

軽度生活支援事業(除雪援助)

  • 屋根雪等の除雪
  • 住宅の門払い
  • 融雪屋根等に係る費用の助成

市民税非課税世帯で、おおむね65歳以上の単身者、高齢者のみの世帯・障害者世帯・母子世帯で日常生活に援助を必要とする世帯

(親族等から労力または経済的援助が受けられる場合は対象となりません)

<一冬の利用限度>

  • 屋根雪等
    地域によって48時間、40時間、32時間の3区分
  • 門払い
    地域によって40回、30回の2区分
    <利用者負担額>
  • 屋根雪等 
    1時間当 500円
  • 門払い1回当 150円
    <融雪屋根等助成>
  • 融雪屋根に係る費用の助成
    各地区最大積雪深により助成する
    1m以上~1m50cm未満 10,000円
    1m50cm以上~2m未満 15,000円
    2m以上 20,000円
  • 玄関先の融雪に係る費用の助成
    1家屋当たり 5,000円

軽度生活支援事業(生活援助)

ホームヘルパーが訪問し、お手伝い

  • 外出時の援助
  • 食材、日用品等の買物援助
  • 家屋内の整理整頓、掃除
  • その他

おおむね65歳以上の単身者で、高齢者のみの世帯で日常生活に援助を必要とする世帯

利用時間30分当たり100円

日常生活用具給付事業

日常生活の便宜を図るために自動消火器、火災報知器などを設置

おおむね65歳以上の所得税非課税世帯のひとり暮らし老人等

世帯の所得の状況により、費用の一部または全部を負担

普及啓発型筋力向上トレーニング事業

転倒骨折の防止、運動機能の低下防止のため、高齢者向けのトレーニング機器を使用し、運動機能の向上を図る

65歳以上の高齢者

  • 利用料
    • 1月週1回コース 1,000円
    • 週2回コース 2,000円
  • スポーツ保険料・教材費等は実費負担

地域自立生活支援事業(配食サービス)

定期的に自宅へ訪問して、栄養バランスのとれた食事を提供し、利用者の安否を確認

おおむね65歳以上の単身者、高齢者のみの世帯及びこれらに属する高齢者・障害者で、自立支援の観点から配食サービスが必要な人

  • 利用料は1食当たり
  • 市民税非課税世帯 200円
  • 市民税課税世帯 300円

生きがい活動支援通所事業

日常動作訓練、趣味活動、交流、憩い、昼食等を実施(送迎あり)
祝祭日・年末年始を除く月曜日~金曜日に実施

おおむね65歳以上の高齢者で、単身の世帯、日中一人になる人、閉じこもりがちな人
(要介護認定の人及びこれに準ずる人を除く)

  • 市民税課税世帯は1回参加あたり750円
  • 市民税非課税世帯は1回参加あたり450円
  • 教材費等は実費負担

生活管理指導短期宿泊事業

養護老人ホーム等の空き室を利用して、一時的に宿泊させ、生活習慣等の指導を行うとともに、体調調整を図る

おおむね65歳以上の高齢者で、基本的生活習慣の欠如等、社会適応が困難な人

  • 利用料は、1日2,000円
  • 1回の宿泊期間は7日以内

老人医療費助成事業
(県老)

老人の保健・福祉の向上を図るため、医療費の一部を助成

65歳以上70歳未満で、常時ひとり暮らしの状態の人または、3カ月以上寝たきりで他の介助を要し、その状態が継続すると認められる人

自己負担額から一部負担金を控除した額を助成

高齢者向け住宅整備事業補助金

高齢者のいる世帯が、住宅をこの高齢者の身体状況に適したものに改造等を行う際に要する経費の一部を補助する。

65歳以上、要介護(要支援)を受けている者で、世帯の前年の収入合計が600万円未満の者

補助対象経費:バリアフリー化に要する経費
補助基準額:30万円
補助率:生活保護世帯は全額、所得税非課税世帯は4分の3、その他の世帯は2分の1